TOPへ カートをみる ご会員様ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

背中ニキビの原因|内臓疾患について

背中ニキビがなかなか治らない原因の一つとして、内臓疾患があるそうです。

胃腸や肝臓などの働きが低下すると、手足の冷えに繋がったり、皮膚の熱を
上手く発散できないことがあるみたいです。

内臓疾患が原因のニキビは、背中ニキビだけでなく人によっても出来る場所が違いますが、
なかなか治りにくいみたいです。

胃腸が弱っていると、口内炎が出来たり、唇や周りが荒れたりする方も多いと思いますが、
体の中の疾患は、外に何かしらの症状として現れる場合が多いみたいです。

食生活を見直すことや、運動をしたりと、体の中から健康になる事が
ニキビを治すポイントになるのかもしれません。

背中の痛みなどは、結構重い内臓疾患の兆候として出る場合もあるみたいですので、
ニキビ以外にも痛みがある場合は、すぐに検査をしましょうね。

私も以前、背中の左わき腹のあたりが物凄い痛みに襲われた事がありました。

陣痛?って思うくらい痛くて、少し我慢していたのですが、どんどん激しくなって、
我慢できずに病院にいくと・・・

尿管結石だといわれました!

石が少しでも動くと、激しい痛みが出るらしく、次はいつ来るのかなと本当に怖かったのですが・・・

いつの間にか自然に出ていたみたいで、助かりました〜^^

食生活を改めないと、結構再発の可能性が高い病気みたいで、
やっぱり
お水も多めに摂った方が良いみたいです。

少し話がそれてしまいましたが、食生活が原因の内臓疾患や、病気は色々ありますので、
気をつけなくちゃいけないなって再認識させられました^^

ページトップへ