TOPへ カートをみる ご会員様ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

無添加ってどういうこと?

【当店が無添加にこだわる理由】

あなたは、「無添加」と聞くとどんなイメージがありますか?


「体に良い!」という漠然としたイメージを持っていらっしゃる方が
ほとんどではないでしょうか?


ある意味ではその通りですが、ある意味では違うとも言えます。


どういう意味かと言いますと、無添加と言う意味は、「添加されていない」
という意味になります。


ですので、無添加石鹸のそのままの意味としては、添加されていない石鹸
ということになり・・・???になってしまいます。


何が添加されていないのか?という所が大切なポイントになります。

現在は、旧指定成分と呼ばれていて、2001年以前まで、アレルギーや
皮膚障害などを起こす可能性がある102の成分を表記する必要がありました。


ですので、それらの成分を含んでいないものを、大まかに
無添加石鹸と言っていた会社もあったみたいですし、102の成分が
入っていなければ安全なのかと言えば、そうではないと言えます。


2001年の4月からは、全成分を表記するよう義務付けられましたので、
どんな成分が含まれているかをキチンとチェックした上で選んだほうがいいのですが・・・


なかなかそこまでやっている方はいないというのが現状ですが、
長く使うことを考えると、塵も積もれば・・・という事になります。


ですので、ミントベルの石鹸は、102の成分はもちろん、香料・着色料・防腐剤などの
科学化合物はいっさい添加しないという、安全性にこだわった無添加石鹸になります。


=====================================


以前私は、仕事上で食器洗剤を使う事が多く、それまでは洗剤を使っても
なんともなかったのですが、良く使うようになり気が付けばいつの間にか、
手が荒れはじめていました。


保湿クリームなども塗っていましたが、なかなか良くならず・・・


その内、痒みや腫れなどが酷くなり、細かった指も太くなり、
何かの拍子にすぐ皮膚が裂け、汁が出るようにまでなりました。


そうなると、食器洗剤以外の洗顔料やシャンプー、ボディーソープなどを
使っても痒みや腫れや痛みが出るように・・・


(台所洗剤等で手荒れした当時の私の手です。これでもだいぶ良くなった時の状態です。)


この経験で、科学物質の怖さをイヤと言うほど知りましたし、
やはり体にとって悪いものはなるべく取り込まないようにしたいと思うように
なりましたし、妊娠を気にさらにその思いは強くなりました。


少しずつの量であっても、一度体が限界を感じてしまうと、体は覚えてしまいますし、
酷い場合はアナフィラキシーショックを起こしてしまいます。


今はなんともないから大丈夫だと思っていても、どの成分に対して、
いつ限界が来るのかは誰にも分かりません。


ですので、確実に言えることは、化学的な成分は体の中に取り込まない方が
良いということです。


取り込み方には、食事のように直接食べるものと、皮膚などから浸透してくるもの
があります。


私の周りでも、自動車整備工場の方で、オイルの触りすぎでアナフィラキシーショックを
起こされた方がいて、それ以降オイルを少しでも触ると手が倍くらいに腫れあがり、
汁が出て即病院行きだそうです。

ですので、整備士ですが、オイルは絶対に触れないと言われていました。


私の義父も、以前白髪染めで一度頭に炎症を起こしたらしく、数年経った時に
もう大丈夫だろうと思って白髪染めをしたらしいです。


そしたら、今度は、顔は倍くらいに腫れあがり、頭からは汁が出て、
1回目より酷いアナフィラキシーショックを起こしたそうです。


病院の処置で顔の腫れが引いたとき看護婦さんから、「こんなにハンサムだったのって」
て言われたって喜んでいましたが、医師からは「次は死ぬよ」って言われたそうです><

私の周りだけでも沢山いますし、美容師の方などは、手が荒れてアレルギーを起こす方
が多いって聞きますよね。

やはり、体にとっては科学的なものは、良くないものですし、
特に小さい子供にとってもそうですよね。


私は、自身の辛い経験や妊娠から、日頃使うものを見直す機会を頂いて、
以前使っていた市販の洗顔料から無添加の洗顔石鹸を使うことにしました。

毎日使うものだからこそ、安心・安全なものを・・・

それがミントベルのコンセプトです^^

送料無料のお試しサイズはこちら